Titian Inn Hotel Treviso Treviso - Silea 4つ星ホテル

  • italiano
  • English
  • español
  • français
  • Deutsch
  • русский
  • 日本語
  • 中文


旧市街の見所 - Best Western Titian Inn Hotel Treviso Treviso - Silea

到着日 到着日
出発日 出発日
お部屋のご利用人数
大人 子供
プロモーションコード、または法人アカウントをお持ちですか?
コード/アカウント番号を入力してください

シニョーリ広場

シニョーリ広場はトレヴィーゾの中心に位置し、重要な歴史の舞台となってきました。広場のトレチェント宮殿は1185年に地域の使節による会議を開催する目的で建造されました。宮殿の名前は300人の市民の代表による会議(Maggior Consiglio di Treviso)に由来しています。さまざまな時代の紋章やフレスコ画が内部の壁を飾っています。トレチェント宮殿は第二次世界大戦の空爆で損傷した後、再建されました。
 

カ・デイ・カッラレーシ

カ・デイ・カッラレーシは、中世の貴族ダ・カッラーラ家の邸宅だと誤解されていました。実際には、ダ・カッラーラ家の将校や兵士の兵舎であり、誤解はファサードにあしらわれた同家の紋章にちなんでいます。
19世紀末までにカ・デイ・カッラレーシは旅館として使われ、「Osteria alla Croce」と呼ばれるようになりました。カ・デイ・カッラレーシの隣にはカーサ・ブリットーニが並び、この邸宅は旅館の主であるジョバンニ・ベルトンが1396年に購入したものです。両者とも内部は中世のフレスコ画で飾られており、1400年に描かれた「Madonna con il Bambino」を目にすることができます。
カ・デイ・カッラレーシでは毎年、国際的な見本市や会合、展示会などが開催されています。

開館時間

展示内容によって異なります。

入場料

展示内容によって異なります。
ベビーカーの入場は認められません。
ペットは入場できません。


ロッジア・デイ・カヴァリエーリ

ロッジア・デイ・カヴァリエーリはヨーロッパでもユニークな建物です。7世紀後半に建設された後、トレヴィーゾの市民隊長アンドーレア・ダ・ペルージャが上流階級のための夏季の会合場所とし、少なくともヴェネツィアの支配下に入った1388年12月13日まで利用されました。これを機に、ロッジアは徐々に老朽化し、木材や樽の保管場所として使われた後は、棺の再販場所になりました。今日のロッジアは、トレヴィーゾの歴史的・芸術的な遺産の保護者であるアボット・ルイジ・バイロによって美しさを取り戻しています。バイロはロッジアを破壊から何度も守りました。


トレヴィーゾ中心地から8 kmのシレーアに位置する4つ星ホテル、ベストウェスタン・ホテル・ティティアン・インにご滞在ください。

 

Powered by Present S.p.A.

Mobile version View Desktop version